スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 1 「流刑地にて」 バリー編

クレア編をクリアしたので、次はバリー編を遊びます。

287290_2015-02-27_00289.jpg
モイラが救難信号を発してから半年後、バリーが単身で孤島に向かっていた。

287290_2015-02-27_00294.jpg
そして島に上陸すると、背後で誰かの気配がして振り向く。
それはナタリアでした。

287290_2015-02-27_00300.jpg
ついてくるなとバリーが言うのに言うことを聞かないナタリア、しぶしぶ連れていくことになりました。
ちなみにナタリアには感受能力があるらしく、付近のクリーチャーの位置を知ることや、隠れたアイテムを見つけることが出来ます。

287290_2015-02-27_00312.jpg
クレア達を探すため、電波塔を目指して施設内を進みます。
そこで新たなクリーチャーのロトンが出現。
アフリクテッドと違い、ゾンビのような外見・動作です。
鈍いので、アフリクテッドと比べると弱い。

287290_2015-02-27_00323.jpg
クレア達が外に脱出するために解いた仕掛けにより、バリー達は先に進むことが出来ません。
回転刃像を止める為に、電力を落としにいきます。

287290_2015-02-27_00353.jpg
回転刃像が邪魔をしてバリーは通れないので、開いた小さな穴からナタリアが入り、電力を止めます。

287290_2015-02-27_00372.jpg
回転刃像は止まりましたが、まだ火炎放射機が邪魔をしているので、監獄の1つに開いた小さな穴からナタリアが入り、火炎放射機を退かします。

外に出ると辺りはもう真っ暗でした。
急いで電波塔に向かうも、クレア達が壊してしまった橋によって先に進むことができず、迂回することに。
ちなみに、この辺りから後はずっと一本道で進んでいくだけです。

287290_2015-02-27_00383.jpg
進んでいくと、なにやら人影が…。

ナタリアにその場を動かないように指示し、バリーが見に行くも既にその姿はありませんでした。
先に見える小屋を抜けようとした所…、
287290_2015-02-27_00391.jpg
新クリーチャーのレヴェナントが出現。
死体をつなぎ合せて作られたクリーチャーで、けっこう気持ち悪い。
こいつを倒す方法は、特定の部位を攻撃すると露出する「核」を攻撃して破壊、という少し特殊な方法。
攻撃力も高いし、動きも素早いしで、アフリクテッドと比べるとかなり厄介です。

287290_2015-02-27_00403.jpg
レヴェナントがどんどん出現する中、森を進んでいきます。

287290_2015-02-27_00466.jpg
森を抜け、電波塔まであと少しという所で、鎖で頑丈に閉じられた扉によって阻まれてしまいました。
目の前には木を掴んだクレーンがあり、これをぶつければ扉を破壊できそう。

287290_2015-02-27_00478.jpg
小屋の中にある機械でクレーンの電力を復旧させ、外にある操作機のレバーを下ろしてクレーンを操作。
見事、扉の破壊に成功しました。

287290_2015-02-27_00484.jpg
そして扉を抜けようとした瞬間、大量のレヴェナントが襲ってきました。
さらにクレーンから木が外れ落ちますが、バリー達はなんとか間一髪で走り抜けます。
レヴェナントはガスボンベの爆発、木の下敷きとなりました。

287290_2015-02-27_00490.jpg
ようやく電波塔に辿り着き、救難信号を確認しますが、それが半年前のもので、クレア達はヴォセクへ向かったと知るバリー。

287290_2015-02-27_00495.jpg
そして急に頭を抱えて苦しみだすナタリア。
「モイラは…死んだ」とナタリアが言ったところで、バリー編が終了。

287290_2015-02-27_00509.jpg
RESULT画面。
なかなか高ランク取れないですね。

ちなみにRESULT画面で取得できるBP。
このBPを使ってキャラクター達にスキルを覚えされる事が可能。
バイオハザード6のようなものですかね。

バリー編はとにかくレヴェナントが厄介でしたねぇ。
変則的な動きで狙いが付けづらいし、走って逃げてもすぐ追いつかれるし。
道なりは一本道な部分が多かったので迷うことはありませんでしたけど。

Episode 2 「観察」の予告が見れましたが、どうやら救難信号を発した後のクレア達の物語のようですね。
EPISODE 2の配信が3月4日、楽しみ。
スポンサーサイト

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 1 「流刑地にて」 クレア編

BIOHAZARD REVELATIONS 2のPC版のオールコンテンツパックを買いました。
PCで遊ぶ場合は、Steamでのダウンロードプレイとなります。

今作は、物語を各章に分けて配信するという「エピソディック配信」が特徴です。
今までのような、ゲームを買えばすぐにエンディングまで遊べる仕様ではないです。
まずは最初のEPISODE 1が2月25日から配信され、EPISODE 2が3月4日、最後のEPISODE 4が3月18日に配信されます。
3月19日に発売予定のディスク版では全章が収録されているので、「待たされながら遊ぶのは嫌だ!通しで一気に遊びたい!」って人はこのディスク版を買うか、全章配信されてから買うか、ですね。

287290_2015-02-25_00004.jpg
というわけで、Episode 1 「流刑地にて」 クレア編
難易度はNORMALで遊んでいきます。

まずはオープニングが始まりました。
年は2011年。
クレア・レッドフィールド(32歳)は自身の所属するNGO団体「テラセイブ」の本部のパーティー場にて、新入配属したクレアの友人のモイラ・バートン(20歳)と会い、談話する。
父のバリー・バートン(51歳)の事に対する愚痴など…。
そこに突然謎の部隊が襲撃し、クレアとモイラは首に何かの注射を打たれ、そのまま気絶する。

287290_2015-02-25_00061.jpg
クレアが目を覚ますと、そこは牢屋で、腕には緑色に点灯する謎の腕輪が付けられていました。
何故かすぐに格子が開き、それを何者かが監視カメラで観ているような場面が。

ここから操作が可能なのですが、コントローラーはDUALSHOCK 4を使っているので、右スティックでの視点の移動があべこべになっていました。
流石に慣れないので、「x360ce vibmod」を使ってXboxのコントローラーと認識させて遊びます。
ちなみにコントローラーのボタン配置は、予め用意された5種類の中から選ぶ形で変更可能。
でもまぁ操作感は初期配置のもので特に違和感無し。

287290_2015-02-27_00033.jpg
先に進んでいくと、牢屋に閉じ込められたモイラを発見。
するとまた格子が勝手に開き、何者かが監視カメラで観ているような場面が。
どうやら何者かがこの状況を監視、操作している模様。
捕われたこの施設から脱出する為に、二人で先を進みます。

287290_2015-02-27_00041.jpg
進んでいくと、鎖で吊らされた多数の死体を発見。
何これ…。

287290_2015-02-27_00047.jpg
他にも、死体が拘束された部屋や、

287290_2015-02-27_00054.jpg
血がべっとりな部屋など。
とにかく、連れ去られた場所が普通の場所じゃないってことは分かった。

287290_2015-02-27_00064.jpg
進んでいくと、新クリーチャーのアフリクテッドが襲いかかってきました。
障害物越しにナイフで応戦し、なんとか撃退。
こっちの武器は先ほど拾ったナイフしかないので、また出現されたら困るのだが。
ちなみに回復アイテムはグリーンハーブとレッドハーブの2種類あります。
使用方法はゲーム中にボタンを押すという前作同様なのですが、今作ではそれにグリーンハーブをスプレーとして使用する為の動作が入ります。
その間はボタンを押し続ける必要があり、この仕様は緊急の時は少し辛い。

後、前作ではジェネシスを使用して隠れたアイテムを見つけていましたが、今作ではジェネシスは無く、モイラのフラッシュライト等で見つけれます。

進んでいくと、アフリクテッドに追われている、クレアの同僚のジーナを発見。

287290_2015-02-27_00079.jpg
追いかけるも間に合わず、瀕死となったジーナが現れ、間もなく死亡してしまいました。
無念。

287290_2015-02-27_00087.jpg
先を進むと、脱出路に通じる「実験区域」への扉に鍵が掛かっており、明らかに罠と思われる所に鍵を発見。
手を伸ばし、もう少しで取れそうという所で死体の足枷が外れ、鍵と共に下に落ちてしまいました。
恐らく、下に行くとクリーチャーが出現するんだろうなぁ…。

287290_2015-02-27_00114.jpg
「実験区域の鍵」とハンドガンを入手した所で、やはりアフリクテッドが出現。
しかも大量に。
戦うだけ無駄なので、急いで実験区域への扉に向かいます。

287290_2015-02-27_00143.jpg
途中でショットガンを入手したり、ナタリアを発見したりしながら、実験区域に到着。
すると腕輪から女性の声が。
意味深長な事を語りますが、よく分かりません。
この部屋の監獄のような所にはアフリクテッド達が監禁されており、どうせ何かの拍子で扉が開いて襲ってくるのでしょう。
ようやく奥に外へ通じる扉が見えるのですが、キーアイテムがないと開かないらしい。

287290_2015-02-27_00180.jpg
キーアイテムの「図引きの歯車」を入手するために、アフリクテッドが襲ってくる中、探索を始めます。

「図引きの歯車」を見つけるも、拷問機械に挟まれていて取れません。
拷問機械を動かそうとしたが、電力が無いらしくて動かない。

287290_2015-02-27_00192.jpg
更に探索を進めて、電力復旧。

287290_2015-02-27_00230.jpg
「図引きの歯車」を入手・使用して扉を開き、先を進もうとすると、やはり監獄の扉が一斉に開いてアフリクテッド達が襲ってきました。

287290_2015-02-27_00234.jpg
脱獄防止用らしい、この火炎放射機を使うとアフリクテッド達を楽に一掃できました。

287290_2015-02-27_00242.jpg
ようやく外に出れると、またもや腕輪から声が。
声の主はオーバーシア(監視者)と名乗り、ヴォセクへ向かえ、と言う。

287290_2015-02-27_00248.jpg
先に進むと電波塔を発見。
救難信号を送れるかもしれないと、急いで向かいます。

287290_2015-02-27_00260.jpg
しかし動かなかった。
クレアが塔に上って電力を復旧させると無事動き、モイラは必死に救難信号を出します。

287290_2015-02-27_00274.jpg
そして塔に上っていたクレアは周りを見渡すことが出来、自分が連れ去られた場所は海に囲まれた孤島だと分かります。

そしてここでEpisode 1 「流刑地にて」 クレア編が終了。

287290_2015-02-27_00275.jpg
RESULT画面。

ボスと思われるクリーチャーは出てこず、実験区域の火炎放射機でアフリクテッド達を倒すところが最後の戦闘でしたね。
もうちょっとクリーチャーを出してきたら面白かったのになぁ、と思ったり。
後、バイオハザード4辺りから謎解きが殆ど無くなってきている印象があるのですが、今回謎解きが全く無くてびっくりした。
これのどこが原点復帰なんですかねぇ…。
でもホラーゲームとしては面白かった。

【MHF】新モンスター ヴァルサブロス

今週から登場した新モンスター、炎角竜 ヴァルサブロス。
名前の通り、モノブロスとディアブロスに似た角竜です。

mhf_20150223_172036_167.jpg
剛種と烈種の2種類あり、生息地は溶岩が引いた決戦場。
ヴァルサブロスと決戦場には仕掛けがあり、サボテンが1つ生えています。

mhf_20150223_172053_100.jpg
どうやらヴァルサブロスは他の角竜達と同じようにサボテンが大好物のようで、戦闘中はとにかくサボテンを狙ってきます。
そんなヴァルサブロスからサボテンを90秒間死守すれば、身体から噴いている炎が消え、肉質が軟化する等、弱体化させる事が可能。

mhf_20150224_030723_134.jpg
しかし逆に奪われてしまうと、翼膜や炎の色が変わり、肉質が硬化する等、強化されてしまいます。

PTを組めばサボテンの死守は難しくないのですが、1人PTだとどう頑張っても無理でした。
サボテンくらい武器で叩き潰せてもいいじゃない、っていう愚痴。
まぁ強化されても倒せないわけじゃないので別にいいや。

以下、ヴァルサブロスの攻撃方法など。

mhf_20150224_025205_668.jpg
バインドボイス。
ティガレックス等のようにダメージ有り。

mhf_20150223_172117_919.jpg
まるで炎の海のような、超広範囲炎攻撃。
地形ダメージのように、物凄い早さで体力が削られていきます。
サボテンを食べて強化後に行ってくる攻撃です。

mhf_20150223_173258_244.jpg
3連突進。
三角形を書くように、炎道を作りながら突進。
炎に囲まれたら危険。

mhf_20150223_172350_540.jpg
3連叩き付け。
頭というか角をハンター目掛けて3回連続で地面に叩き付けます。

mhf_20150223_172702_075.jpg
石つぶて。
前方に作り出した岩を砕いて飛ばしてきます。

mhf_20150223_173106_155.jpg
巨石。
一度飛び上がった後、ハンター目掛けて急襲。
その後、巨石を作ります。
ちなみに、この巨石にヴァルサブロルが突進すると角が突き刺さって動きを封じることが可能。

mhf_20150223_173236_858.jpg
爆発。
尻尾を地面に埋めて、爆発させます。

mhf_20150224_025446_076.jpg
炎の渦。
烈種限定攻撃。
尻尾を地面に埋めて、炎の渦を作ります。
渦が消えると地面が軟化され、ハンターのみが引っ掛かる落とし穴となります。

他にも体当たりや地中急襲、サボテン死守中に行ってくる攻撃等あって、中々面白いモンスターでした。
打撃の頭肉質が硬いのは他の角竜達と同じなのね。

ヴァルサブロスの武器は大剣、ハンマー、ランス、片手剣、ヘビィボウガン、弓の6種類で、烈種武器まで強化可能。
防具は烈種防具のヴァルGFシリーズまで強化可能。
防具には「闘覇」というスキル系統が付いており、スキルポイントが10でスキル「闘覇」が発動します。
効果は、抜刀中はスタミナが徐々に減少していくが、攻撃力が1.2倍に上昇するというもの。

2月25日より開催の「闘覇カフ入手イベント」では、スキル「闘覇」を持つスキルカフ等が入手できるのですが、参加にはイベント「炎角竜武具強化ブースト!」のG級覇種防具への強化の報酬「使い古しのランプ」が必要らしいので、この機会に装備を作っちゃいましょう。
イベント「炎角竜武具強化ブースト!」は3月11日までなのでお早めに。

【ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア】隠れ特性のチゴラスが配信

pgl_boh_001.jpg
インターネット大会「Battle of Hoenn~バトル オブ ホウエン」の、参加者プレゼントのチゴラスのシリアルコードが公開されていたので、早速受け取りました。
以下、詳細。

pokemon_tyrunt_01235_01.jpg pokemon_tyrunt_01235_02.jpg

名称ニックネーム性別Lv.
チゴラスチゴラスランダム10PGL
ID持ち物性格特性出会い文
01235ランダムがんじょうPGL
Lv.10のときに
うんめいてきな
であいをした ようだ。
リボンボール受取期間入手可能ソフト
しっぽをふる
たいあたり
ほえる
ふみつけ
クラシックリボンプレシャスボール2015/02/17~
2015/05/01
オメガルビー
アルファサファイア


今回のチゴラスの特徴は、初解禁の隠れ特性「がんじょう」な所。
隠れ特性を持ったアマルスもいつかは解禁されるのでしょうか。

pgl_boh_002.jpg
ちなみに順位は31673位でした。


今後予定されている配信は、

・2015年2月26日~2015年3月31日
共通シリアルコードで、フォッコを配信。

・2015年2月27日~2015年11月30日
ポケモンバンクにアクセスすると、ポケモンリンクでメガニウム・バクフーン・オーダイルを配信。

・2015年3月7日~2015年8月31日
2015年3月7日から販売開始の「光輪の超魔神 フーパ」特別前売券のプレゼントコードで、アルセウスを配信。

・2015年3月14日~2015年4月12日
実施店舗はまだ不明ですが、全国で色違いのレックウザを配信。

・2015年6月20日~2015年8月31
2015年3月7日から販売開始の「光輪の超魔神 フーパ」特別前売券の引換券で、全国の引換会場で伝説のポケモン6種から1匹を選んで配布。
ポケモンの詳細はまだ不明。

これ位。
てか、6種から1匹配布って、こういうの本当に止めて。
一人で全部集めるには特別前売券を6枚買わないといけないじゃない…。

【MHF】第82回 狩人祭の勝ち組クエスト

第82回 狩人祭の勝ち組クエストでは、
古龍種素材を入手できる「祭の思い出【剛】」、
覇種素材を入手できる「祭の思い出【覇】」、
烈種素材を入手できる「祭の熱気【烈】」、
が配信されています。
しかもこれ等のクエストでは、自動的にスキル「激運」が発動。

「祭の思い出【剛】」のメインターゲットはイャンガルルガ変種1頭の討伐で、クエストクリア報酬で古龍種の剛翼や古龍種の髄等の古龍種素材が1個ずつ。

mhf_20150217_071608_958.jpg
「祭の思い出【覇】」のメインターゲットはモス1頭の討伐。
このモスは、2012年のエイプリルフールイベントの「最高に貧弱なモス」で登場したモスとなっています。
インターネット上で探せばどの様なモスなのかは分かるのですが、突進の威力が凄まじい。
防具強制解除なので、狩人弁当等で体力を増やしたり、防御力が付与されている武器を装備するなどしないと一撃死します。

mhf_20150217_071749_654.jpg
モスにダメージを与える方法は、モスの突進中にこちらの攻撃を当てるのみ。
ゴゴモアの、俗に言われている「カウンター」ですね。
これを2回やればモスを討伐できます。

mhf_20150217_071414_312.jpg
クエストクリア報酬では、炎王龍の灼翼や飛竜の赤眼等の覇種素材が10個ずつ。
1%の確率で50個になることも。

mhf_20150217_073159_636.jpg
「祭の熱気【烈】」のメインターゲットはUNKNOWN1頭の討伐。
G級だから覇種個体なのかなぁと思ってたら、ただの原種個体でした。
あっさり討伐。

mhf_20150217_073611_475.jpg
クエストクリア報酬では、輝界竜の烈鱗や金塵龍の玻璃爪等の烈種素材が1個又は2個ずつ。
サブ報酬で部位破壊の烈種素材が1個ずつ。

古龍種素材や覇種素材、烈種素材が簡単に且つ大量に入手できる超お得なクエスト。
必要な人はこの機会に集めてしまいましょう。

2014年公開のGodzillaを借りて観ました

GodzillaがTSUTAYAでレンタル開始されていたので借りてきました。
1998年公開のGodzillaと同名の映画なのですが、どちらも米国版のゴジラ映画で、2作目なわけですね。
前作はゴジラしか怪獣は出てきませんでしたが、今作はゴジラとムートー(MUTO, Massive Unidentified Terrestrial Organism)の2種類登場します。

以下、映画の流れをゴジラとムートーの部分だけ抜き出して簡単に紹介。


フィリピンで炭鉱を調査していた芹沢率いるチームは、そこでゴジラの化石とムートーの卵を発見。
その内1匹のムートーが既に孵化しており、海に向かって這い出た跡が残っていた。
向かった先は雀路羅市の原子力発電所で、ムートーは餌となる放射能を吸いながら、生体になるまで地中で眠りにつく。
それにより雀路羅市の原子力発電所が倒壊する事故が発生。

godzilla_003007.jpg
それから15年後。
雀路羅市の研究施設では、芹沢の所属する研究機関「モナーク」が15年前に見つけた卵の調査を行っていた。

godzilla_003522.jpg
そして遂に卵が孵化の予兆を見せるが、危険と判断した芹沢らは卵を殺そうとするも一歩遅く、ムートー(雄)は孵化してしまう。
研究施設内を暴れて破壊しきると、ムートー(雄)は餌を求めて飛び去っていった。

godzilla_005140.jpg
ムートー(雄)はオアフ島に上陸し、核燃料を捕食していた。

godzilla_005923.jpg
そのままホノルル市に侵攻するが、ムートー(雄)を追ってきたゴジラが遂に現れ、対峙する。
しかしムートー(雄)は飛び去り、それを追いゴジラも海へ消えてしまう。

godzilla_010417_20150214095701ebc.jpg
一方、ユッカ・マウンテン核廃棄物処理場に保管されていた別の卵からムートー(雌)が孵化。
ムートー(雄)に会う為、道中のラスベガス等を破壊しながら進んでいく。

godzilla_011843.jpg
ムートー(雌)は、米軍によるムートー殲滅作戦の為の2基の核弾頭を積んだ列車を襲い、核弾頭1基を捕食し進行。
ムートー(雄)は、海上で残り1基の核弾頭を奪い、進行。
ゴジラは、ムートー達を追ってサンフランシスコ湾に出現するも米軍から攻撃を受け、それに耐えながら進行。

godzilla_012941.jpg
そして遂にムートー達は市街地で出会う。
ムートー(雌)は繁殖の為に巣を作り始め、ムートー(雄)は邪魔するゴジラを倒すために飛び立っていった。

godzilla_013315.jpg
ゴジラとムートー(雄)、2度目の対峙。

godzilla_013328.jpg
自身の繁殖と侵略を行おうとするムートー達、
それを止めようとするゴジラ。
2匹の闘いが始まる。

godzilla_013818.jpg
長時間に渡り激闘を繰り広げるゴジラとムートー(雄)。
そこに巣を作り終えたムートー(雌)が加わり、1対2の闘いになってしまう。

godzilla_014044.jpg
ゴジラ対ムートー(雌)。
力の差はゴジラの方が上らしく、圧倒されるムートー(雌)。

godzilla_014105.jpg
しかしムートー(雄)が援護に入り、その差は逆転される。

godzilla_014349.jpg
ムートー達がゴジラと戦っている一方、フォード・ブロディにより卵と巣を爆破されてしまう。
悲しみなのか怒りなのか、ムートー(雌)は叫ぶ。

godzilla_014439.jpg
そこに追い打ちをかけるように、ゴジラの最大の攻撃の熱線がムートー(雌)を襲う。
たまらず倒れるが、ムートー(雄)が援護に入る。

godzilla_014639.jpg
そして激闘の末、ゴジラは尻尾攻撃でムートー(雄)をビルディングに叩きつける。
その鉄骨で身体を貫かれたのが致命傷となり、遂にムートー(雄)は絶命。

godzilla-015002.jpg
そしてムートー(雌)の方も、ゴジラが両手でムートー(雌)の口をこじ開け、熱線で体内を直接攻撃し、その熱で首が千切れて死亡。
ゴジラは見事にムートー達を倒し、地球の危機を救うことに成功したのだった。

godzilla_015254.jpg
しかし翌朝、ゴジラもこの戦いにより力尽きてしまっていた…。

godzilla_015547.jpg
と思いきや、G細胞のお陰か分からないが、ゴジラは再び目を覚ます。
そして海に帰っていきましたとさ。


終わり。
いやー、面白かった。
1998年公開のGodzillaも観たことがあるのですが、やっぱり怪獣同士の闘いがあると面白いですね。
ムートーも格好良いですし、話も良かった。

godzilla(1998)_005319.jpg
でも個人的には1998年公開のGodzillaのゴジラの方が格好良いなぁ。
あの爬虫類ぽい見た目と素早い動きが好きでした。
餌が魚で、熱線を吐かないという部分は「えっ」と思いましたが。

それと、今更ながら米国映画の3DCG技術の凄さに驚いた。
1998年公開のGodzillaでもう、実写かと思うぐらいでしたから。

godzilla_final_wars_011241.jpg
2004年公開のゴジラ FINAL WARSも観たことがありますけど、こっちの3DCGは明らかに「あぁ、3DCGだな」と分かってしまう程度のものですし。
勿論、映画に掛けられる予算の違いに関係する時もあるのですけどね。

ちなみに私の好きな怪獣は、デストロイア、メガギラス、マザーレギオンです。

【ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア】次世代ワールドホビーフェア'15 Winterでレックウザの配信

whf15_01.jpg
次世代ワールドホビーフェア'15 Winterに行ってきました。
目的は、ここでしか配信されないレックウザを受け取る為。
2月8日の大阪大会の京セラドーム大阪に昼過ぎに行ったのですが、もの凄い混雑でした。
人波にもまれながらなんとかレックウザを受け取った後は、閉会時間まで色々と見て回りましたので、凄く疲れましたし脚も痛い。
やっぱりこういう所に遊びに行くのはあまり好きじゃないですね。
でもアリーナ上を歩けたのは良い思い出になりました。
プロ野球選手等から見た景色ってこうなんだなぁって。

以下、受け取ったレックウザの詳細。
pokemon_rayquaza_01185_01.jpg pokemon_rayquaza_01185_02.jpg
名称ニックネーム性別Lv.
レックウザレックウザ70WHF15
ID持ち物性格特性出会い文
01185ランダムエアロックイベントかいじょう
Lv.70のときに
うんめいてきな
であいをした ようだ。
リボンボール受取期間入手可能ソフト
りゅうのはどう
たつまき
かみなり
しんそく
イベントリボンプレシャスボール2015/01/18
2015/01/24~
2015/01/25
2015/02/01
2015/02/08
X
Y
オメガルビー
アルファサファイア


今回のレックウザは色違いです。
色違いのレックウザは、ポケットモンスターブラック・ホワイトで2012年3月17日から4月16日に配信された時以来ですね。
技は…、うん。


今後の配信予定ポケモンは、
「Battle of Hoenn~バトル オブ ホウエン」の参加者に配信される、隠れ特性を持ったチゴラス、
ポケモンバンクにアクセスすると配信される、隠れ特性を持ったメガニウム・バクフーン・オーダイルくらいですかね。
ただ、メガニウム・バクフーン・オーダイルはポケモンリンク経由での配信なので、セレビィのように親名が固定じゃなかったらあまり価値はないですね…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。