スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】EX EPISODE 1 「ある戦いの記録」

本編のMAIN EPISODEの他に、追加エピソードとしてEX EPISODE 1と2があります。
MAIN EPISODEをクリアしたので、EX EPISODE 1を遊んでみます。

EX EPISODE 1の主人公はモイラ。
Episode 4 「変身」 クレア編で、瓦礫の下敷きになったモイラのその後のお話になります。

287290_2015-03-24_00009.jpg
ハッと目を覚まし、辺りを見回すモイラ。
そこはとある部屋の中でした。

287290_2015-03-24_00017.jpg
そして以前に下水道で出会ったエフゲニーが登場。
どうやら瓦礫の下敷きになった後、エフゲニーに助けられていたみたいですね。
施設最上部の爆破の中、そこまで来てモイラを救出して下水道まで担ぐなんて、ちょっと凄すぎる。

「動けるなら、ここを出て行け」と言い残して部屋を後にするエフゲニー。
それに対し、「わかったよ、クソジジイ」と答えるモイラ。
お互い頑固というか、素直じゃないですなぁ。

287290_2015-03-24_00028.jpg
しかし出て行っても行くあては無いようで、このままエフゲニーの所に居着くことにしたモイラ。

287290_2015-03-24_00035.jpg
ってわけで、EX EPISODE 1 「ある戦いの記録(The Struggle)」の始まり。

287290_2015-03-24_00040.jpg
クレアと別れてから二ヶ月、動けるまでに回復したモイラは、ある日エフゲニーの狩りを手伝うことに。

287290_2015-03-24_00050.jpg
制限時間内に出来るだけ食料や弾を集めるのが、この森での目的となります。
食料の種類には「ウサギの肉」や「ネズミの肉」等あります。
ちなみにこれ等の食料は、ミッション失敗時のリトライに必要となり、これを消費することによってリトライが可能。
食料が全て尽きるとリトライ不可となり、ゲームオーバーとなります。

287290_2015-03-24_00060.jpg
環境動物以外にも、アフリクテッドやオルトロス等のクリーチャーが出現します。
あらかた集め終わったので狩りを終了し、このステージはクリア。

287290_2015-03-24_00077.jpg
ある日、「夜は出歩くな」というエフゲニーの言いつけを破って島を脱出する手段を探していたモイラは、クリーチャーに見つかってしまいました。
そして最悪な事に、クリーチャーをモイラ達のアジトまで連れてきてしまうことに。

287290_2015-03-24_00088.jpg
四方八方から襲ってくるアフリクテッドやアイアンヘッド、スプローダー。
それらを全て倒すのが、この下水道での目的。
最後はヴォルケンブラバーが2体同時に出現しますが、なんとか殲滅完了してステージクリア。

287290_2015-03-24_00097.jpg
クレアと別れて半年が経とうとしていた頃、レヴェナントが出現するようになった模様。
そのせいで狩りの獲物が減ったらしいが、生きる為には狩りをやめるわけにはいきません。

ここでの目的は、レヴェナントに見つからないように食料や弾等の物資を集めつつ、制限時間内に漁村を抜ける事。

287290_2015-03-24_00103.jpg
制限時間はたっぷりあるので十分探索出来ますが、もしレヴェナントに見つかってしまうと制限時間がいきなり30秒まで減り、漁村の脱出を強いられます。
そんな感じで漁村を抜け、ステージクリア。

そして最後のステージ。
287290_2015-03-24_00113.jpg
漁村で手に入れた物資の中に一枚の書類を発見。
それはアレックスの実験体として鉱山に連行された島民達の記録でした。
そしてその記録の中に、エフゲニーの娘・イリーナの名前を発見。

それからエフゲニーの元気はなくなってしまう…。
モイラ達は、真実を知り、現実と向き合う為、イリーナが連行された場所へ向かいます。

この採掘場での目的は、クリーチャーを倒していきながら、奥の小屋にあるイリーナの手がかりを見つける事。

287290_2015-03-24_00117.jpg
大量のレヴェナントやロトン等、それにドルーガが出現します。

287290_2015-03-24_00133.jpg
最後はドルーガが2体同時に出現しますが、なんとか倒してイリーナの遺言を発見し、ステージクリア。
エフゲニーは無言でじっと手紙を見つめるのであった…。

287290_2015-03-24_00143.jpg
そして突然の転機がやってきます。
アジトにある部屋からモイラを締め出すエフゲニー。
どうやらイリーナと共に、自分が生まれたこの島で命を絶つつもりらしい。
しかしそれにモイラを巻き込むことは出来ないと、命を絶つ自分と違って生きなければいけないと、部屋から締め出して強引に別れさせます。

287290_2015-03-24_00148.jpg
そして会話の中でお互いに自分の名前を伝える。
最後の最後で、ようやくお互い素直になれた?のかな。
もっと早い段階で素直になっていたら、この結果もおそらく変わっていたのでしょう…。

287290_2015-03-24_00156.jpg
そしてその後、モイラは変異アレックスに捕まったナタリアと、倒れ込んだバリーを見つけるのであった。

あぁなるほど、ここでEpisode 4 「変身」 バリー編の変異アレックス戦に繋がるわけですね。
これでようやく本編で見れなかったモイラやエフゲニーの裏の行動が分かりました。
ゲーム自体も、それなりに面白かった。
次はEX EPISODE 2ですね。

287290_2015-03-24_00162.jpg
ちなみにエンディングクレジット画面。
いい2人ですな。
スポンサーサイト

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 4 「変身」 バリー編

クレア編をクリアしたので、次はバリー編を遊びます。
【“【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 4 「変身」 バリー編”の続きを読む】

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 4 「変身」 クレア編

BIOHAZARD REVELATIONS 2のEPISODE 4が3月18日から配信され始めました。
というわけで、Episode 4 「変身」 クレア編。

287290_2015-03-19_00003.jpg
不老不死の研究をスペンサーから引き継ぎ、その核となる技術「精神と記憶の転移システム」の実験を繰り返してきたアレックス。
実験を繰り返して判明したのは、転移には、恐怖に打ち克つ強い精神力を有する”器”が必要になるということ。
アレックスに協力していたニールは、転移の”器”を恐怖の感情が欠落しているナタリアに決め、そしてついにナタリアを使用して実験は成功してしまった。

287290_2015-03-19_00009.jpg
転移後の”器”への負荷を最小限にする為、また、精神と記憶の定着と安定の為に、約半年間の眠りにつき始めるナタリア。

287290_2015-03-19_00025.jpg
それを知らないクレア達の乗ったエレベーターは、無情にもナタリアが眠りにつく下降中のカプセルとすれ違いながら、最上階に到着。
何か凄い電脳世界ぽい雰囲気…。
アレックスを追います。

287290_2015-03-19_00032.jpg
進んだ先の扉を開けて部屋に入ると、どうやらそこはクレア達を監視していた部屋のようでした。
ここで色々とやっていたのですね。

287290_2015-03-19_00027.jpg
部屋内には、画面に水門の映るレバーがあり、これを操作すると水門で水の流れを変えることができます。
これはバリー編で関わってくるもので、レバーを操作しておくと、バリー編でカスタムパーツが入手出来ます。
まぁ進行自体は、レバーを操作してもしなくても変わらないですけどね。

287290_2015-03-19_00039.jpg
どんどん進んでいき、部屋内の水槽の後ろにレバーを発見。
操作して、先の通路を通行可能にします。

287290_2015-03-19_00043.jpg
ついに進んだ先の部屋にアレックスを発見しました。
しかし周りは壁で囲まれており、アレックスに触れることはできません。
「支配の根幹を為すのは恐怖。」、「目覚めの日に審判がくだる。」…、こちらの都合を無視して相変わらず意味不明な事を語るアレックス。

287290_2015-03-19_00052.jpg
フランツ・カフカにのめり込むアレックスは、”器”の転移に成功したことで古い身体は用済みとなり、「…我々の救いは死である。」と最後に言うと、自分で頭を撃ちぬき自害してしまいました。
結局クレア達は、オーバーシアがアレックス・ウェスカーという名前だった事やアレックスの目的、ナタリアの居場所等を知ることが出来ず、訳の分からない自害として見届けることになってしまいました。

そしてアレックスが命を絶った事で、緊急事態が発生。
機密保持の為に緊急プログラムが起動され、施設最上部の爆破シーケンスが開始されました。

287290_2015-03-19_00062.jpg
急いでエレベーターに乗って降りようとするも、爆発により目の前でエレベーターが落下してしまう。

287290_2015-03-19_00065.jpg
他の通路を探し、不安定な足場を進んでいきます。
目の前で爆発が起きたり、障害物が落下してきたり、まるでアトラクションのよう。

287290_2015-03-19_00081.jpg
進んでいくと、ようやくクリーチャーのグラスプが出現。
クレア編ではナタリアがいない為に感知能力が使えないので、辺りに落ちている箱の動きや煙幕ビン等で居場所を特定し、倒していきます。

287290_2015-03-19_00085.jpg
扉を抜けると外に出ることが出来ましたが、まだまだ最上部。
外の足場を渡っていって進んでいきます。
そして緊急プログラムが第2フェーズに移行。
爆破までの秒読みが始まりました。

287290_2015-03-19_00104.jpg
グラスプが出現する中、どんどん進んでいきます。

287290_2015-03-22_00005.jpg
しかし途中、モイラがコンクリートの落下からクレアを庇い、コンクリートの下敷きになってしまいました。
爆破までの残り時間も数十秒。
助ける為の時間はなく、クレアは瀕死のモイラの「早く逃げて…」の言葉に従う事しか出来ない。

287290_2015-03-19_00125.jpg
コンクリートの下敷きとなったモイラは見捨てるしかなく、悔しさと悲しさに打ちひしがれたクレアは施設の割れ目から海に飛び込み、脱出しました。

という所で、Episode 4 「変身」 クレア編が終了。
今回は約10分で終わり、短かったです。
クリーチャーもグラスプしか出現しませんでしたし。
ってか最後の、モイラを見捨ててクレアが脱出する場所、本当カプコン意地悪すぎるわー。
残り数十秒しかない中、モイラを助ける手段があると思って時間ギリギリまで探すも結局それは無く、泣く泣く一人で脱出…、ここは本当感情移入してしまって心痛めた。
まぁ後で分かるのですが、モイラはニフゲニーに助けられて生きているのですけどね。

ちなみにBIOHAZARD REVELATIONS 2はグッドとバッドの2種類エンディングがあり、EPISODE 3 クレア編で変異ニールにモイラで止めを刺すと、グッドエンディングが確定します。
逆にクレア自身で止めを刺すと、モイラが銃の心的外傷を克服しない事になるので、バッドエンディングが確定します。

287290_2015-03-19_00129.jpg
バッドエンディングの場合は、クレアが施設を脱出した後に、モイラの腕輪のセンサーが赤になり発症してしまう場面が流れ、事実上死んだ事になります。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 3 「審判」 バリー編

クレア編をクリアしたので、次はバリー編を遊びます。


ナタリア…、と囁く謎の女性。
知っている人か?、とバリーがナタリアに視線を送るが、知らないと首を横に振るナタリア。

287290_2015-03-13_00011.jpg
そこでマスクを外して素顔を晒すと、ようやくこの人がアレックスだとナタリアは悟ります。
しかし、この姿を見る限り、実験は失敗したように思えるのですが…。

287290_2015-03-13_00020.jpg
モイラは何処だ!、と問うバリーに、絶望という恐怖に食い尽くされた、と答えるアレックス。
アレックスに殺され、やはりもう生きていないのかと、落胆します。
しかしアレックスは「死んだ」とはっきり言っていないし、本当はまだ生きているかもしれませんね。

287290_2015-03-13_00037.jpg
そしてレヴェナントが大量に発生。
この状況ではアレックスを相手にできず、必ず殺してやる、と復讐を誓い、その場を逃げます。

287290_2015-03-13_00052.jpg
疲労で歩けないナタリアをおんぶし、逃げ込んだ下水道を進みます。
ナタリアをおんぶしていると子供が小さかった頃を思い出すようで、色々と世間話を語るバリー。

287290_2015-03-13_00089.jpg
下水道でクレア達がニフゲニーと出会った部屋に到着。
ニフゲニーは…、息絶えていました。

287290_2015-03-13_00094.jpg
さらに部屋の中でモイラの携帯電話を発見。
メモリーカードの中にモイラの音声が記録されていたので、聴きます。
自身の限界を悟り、最期にバリーや皆に会いたい、という内容でした。
絶望するバリー、もしかして本当にモイラは死んだのか。
しかし何故この部屋にモイラの携帯電話が置いてあったのだろうか。

287290_2015-03-13_00160.jpg
下水道、下水処理場と進み、採掘場に到着。
所々に昇降機があり、これを使えば採掘場を抜けて先に進める事が出来るのですが、発電機が抜かれており使えません。
まずは発電機を運ぶためのベルコンベヤの電源を建物内の機械で復旧。
そして別の建物内で発電機を発見し、復旧させたベルトコンベヤで外に送ります。

287290_2015-03-13_00215.jpg
バリー達も外に出ようとした所、新クリーチャーのドルーガが出現。
外見からしてこいつもウロボロスウィルスによるクリーチャーのようで、最初から露出している核を破壊すれば倒せます。
ただし、正面からは硬い触手によって阻まれるので、横か後ろから狙う必要あり。
順調にダメージを与えていくと、ドルーガは建物外へ逃げていきました。
どうやらここでは倒せないらしい。

287290_2015-03-13_00242.jpg
電力が落ちて通れない自動扉があるので、ベルトコンベヤを利用して持ってきた発電機を使用し、電力を復旧。
そしてナタリアと協力してレバーを操作。
自動扉が開き、通れるようになりました。

287290_2015-03-13_00257.jpg
さらに進んだ先の昇降機、ここも電力が落ちていて動かないので、発電機を使用して電力を復旧。

287290_2015-03-13_00267.jpg
奥に最後の昇降機。
ここを上がれば採掘場を抜けれるという時に、さっき逃げたドルーガと、レヴェナント、スリンガーが出現。
ここは、発電機を運んで昇降機を動かして上がる事が目的なので、別にクリーチャーを倒す必要は無し。
しかし安全に進むには倒した方が楽ですけど。

287290_2015-03-13_00288.jpg
ようやく採掘場を抜け、アレックスを追い詰める為に先を進んでいると、背後からいきなりアレックスが出現。
バリーはすかさず銃を構えるも、またアレックスに払われて、谷底へ落ちていってしまいました。
初対面の時もそうでしたけど、バリーに対し完全に邪魔者扱いしてて笑う。

287290_2015-03-13_00303.jpg
「今の私は死に損ないで、醜く朽ちていく恐怖に耐えてきた。
なのに何故ナタリアは失敗作のまま、生きながらえているのか。」
と、ナタリアを恨み、締め上げるアレックス。
やっぱり実験は失敗してて、ナタリアを逆恨みしているって事なのかなぁ。

287290_2015-03-13_00308.jpg
ナタリアの意識が遠くなろうとした瞬間、アレックスの瞳にナタリア?の影が映り、アレックスは何故か驚いて退いてしまう。
そして手を震わしながら怯えるアレックス。
うーむ、よく分かりませんが、この2人には深い関係がありそう。

という所で、Episode 3 「審判」 バリー編が終了。
EPISODE 4は3月18日から配信されます。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 3 「審判」 クレア編

BIOHAZARD REVELATIONS 2のEPISODE 3が3月11日から配信され始めました。

287290_2015-03-12_00014.jpg
というわけで、Episode 3 「審判」 クレア編。

287290_2015-03-12_00010.jpg
EPISODE 2ではヘリコプターが墜落し、ナタリアが姿を消した所で終わりました。
まずはナタリアを見つける為にクレア達は辺りを探しますが、どこにもいません。
代わりに、塔の入り口でニールからの書き置きを発見しました。
「工場に向かえ」との事ですが、恐らく何かの手がかりを見つけたのだろうと、工場へ向かいます。

向かう途中、通った扉が勝手に閉められたり、腕輪からオーバーシアの発信があったりと、相変わらずオーバーシアの監視が続きます。

着いた食品工場は、加工棟、解体棟、酒造棟の3つに分かれていました。
解体棟は網膜認証が必要で入れず、
287290_2015-03-12_00022.jpg
酒造棟も、何かをはめるような穴の開いた石像で阻まれており入れませんでしたが、石像にニールの社員証が掛かってありました。
間もなくオーバーシアから「真相が知りたければ神々の刑場へ向かいなさい」と発信が。
ニールの身に何かあったようですが、とにかく進むしかありません。

加工棟は普通に入れたので、まずはここから探索。
しかし殆どの扉が「加工棟の鍵」によって掛かってあるので、「加工棟の鍵」を探します。

287290_2015-03-12_00029.jpg
2階のとある部屋にて「加工棟の鍵」を発見。
左の石像の「義眼」を入手すると棘付きの天井が下りてくる罠が発動するので、この罠を利用して右の石像を破壊。
これで「加工棟の鍵」を入手できます。
一旦入手した「義眼」はクレア達が圧死する前に戻して罠を解除します。

網膜認証を通過するのに必要な「義眼」も一緒に入手したいのですが、石像から外すと発動する罠によって今は持ち出すことが出来ません。
なのでこの身代わりとなるものを探します。

287290_2015-03-12_00039.jpg
1階の「加工棟の鍵」を使用した先の部屋。
奥に照明で照らされた石像に「ガラス玉」がはまっていますが、普通に進むと監視によって射殺されてしまいます。
モイラのフラッシュライトで地面を照らすと青い足跡が見えるので、それに沿って進むと無事に石像まで辿り着くことが出来ます。
で、「ガラス玉」入手。
「加工棟の鍵」を入手した部屋で「ガラス玉」を使用して「義眼」を持ち出すことに成功しました。

287290_2015-03-12_00062.jpg
2階の網膜認証を通過した部屋。
工場長と思われる死体の腹部に「肝臓のレプリカ 右」を発見、入手。
これで酒造棟の石像に使用するアイテムは残り1つ。

287290_2015-03-12_00111.jpg
網膜認証を通過して解体棟へ。
大量の捌かれた豚が吊るされており、地面には想像以上の血の海が広がっていました。
かなり気持ち悪いが、その血の海に躊躇なく入るクレア達には笑った。

287290_2015-03-12_00137.jpg
ヴォルケンブラバーも出現する中、先に進むには「解体棟の鍵」が必要なので、回転刃像に置かれている「解体棟の鍵」を入手。
しかし「解体棟の鍵」を入手すると回転刃像が動き出す罠となるので、ここはモイラをレバーの前に待機させて入手する方法が一番楽。

287290_2015-03-12_00157.jpg
進んだ先、タンクの底に「肝臓のレプリカ 左」があるのですが、タンクを血で溢れ出させないと入手出来ません。
なので機械の落とし口の上に肉がくるようにレバーを操作して、その肉を銃で落として血を溜める、という方法を4回繰り返すと「肝臓のレプリカ 左」が入手出来ました。

2つの臓器のレプリカを石像に使用すると一定時間後に石像が爆破され、酒造棟へ入れるようになりました。
ちなみにこの爆破に巻き込まれるとダメージを負うので注意。

287290_2015-03-12_00187.jpg
進んでいくと、内部は炎上していました。
そしてオーバーシアから発信、どうやらクレア達はもう用済みらしい。
カウントダウンが始まり、5分後に酒造棟が爆破されます。

287290_2015-03-12_00213.jpg
クレアとモイラ、お互いに協力しながら進んでいき、最後の仕掛け。
顔の扉が4つありますが、その内3つは罠となっています。
モイラで扉の裏を見ればどれが正解か分かるので、そうして正解の扉を開き、脱出。

287290_2015-03-12_00237.jpg
間一髪で工場から脱出しましたが、爆風で吹き飛ばされて下水道に着きました。

287290_2015-03-12_00253.jpg
進んでいると、老人に格子越しに銃を突き付けられました。
どうやらこの孤島の住人らしく、ここに立てこもっているらしい。
この孤島を好き勝手にするアレックス達をかなり嫌っているらしいが、クレア達が関係ない人物だと分かると、先の扉の施錠を解除してくれました。
老人の頑固な所がバリーと似ているらしく、モイラは愚痴ります。
特に重要な人物ではないみたいで、クレア達と老人の出会いはこれっきり。

287290_2015-03-12_00312.jpg
下水道を抜けると、ついに塔の内部に進入することが出来ました。
で、墓地のある部屋に到着。
ここの仕掛けを解くと、「MP-AF」等を入手出来ます。

そして塔の中心部に到着。
食品工場から下水道、塔と来ましたが、結局ニールは見つからず。
そして実はモイラ、ニールの腕輪のセンサーが緑のまま変わらないことに気付いており、クレアに話す。
それを聞いたクレアはニールに対して疑惑を感じますが…。

287290_2015-03-12_00330.jpg
そしてここの部屋の1つで、EPISODE 1のオープニングでニールが持っていたファイルを発見。
中身は島に囚われたメンバーの名前のリストでした。
これでニールがこの事件の関係者だと、クレアは疑いざるを得なくなり、落胆する。

287290_2015-03-12_00339.jpg
そしてそれを確定付けたのが、隣にあった監視モニター。
そこにはニールとアレックスが映っており、何やら取引中らしい。
指示通り”器”の選別は完了したから、約束通りウロボロスウィルスをよこせ、とニール。
しかしニールが言い終わる前にアレックスはウロボロスウィルスをニールの身体に打ち込み、裏切ります。
テラグリジア・パニックを引き起こした「ヴェルトロ」を、裏で操っていたのは「FBC」、
その「ヴェルトロ」の代表のモルガンには右腕がいて、それはお前だろ?、とアレックスは全て知っていた模様。
ニールはウロボロスウィルスによって苦しみだし、アレックスはそのまま立ち去る、という所で監視モニターは終了。

どうやらニールの目的は、怠惰した世の中を変える為に、我が師モルガンの「テラグリジア」計画を再びやる事だったらしい。
その為のウロボロスウィルスを入手する為、アレックスの実験の”器”選びを手伝っていたという事。
つまりクレア達がこの島に囚われたのは、実験に適正な”器”になりうる人間か、ニールが被験者として選んでいたからというわけですなぁ。
サイアクだな。
クレアはこれで事実を知りますが、なんとか立ち直ります。

287290_2015-03-12_00351.jpg
先に進もうとエレベーターに乗ろうとしたら、中からニールが登場。
どうやらウロボロスウィルスの発症が始まったらしい。
俺から離れろ!、とクレア達を気にかけますが、時すでに遅し。

287290_2015-03-12_00373.jpg
変異が始まります。

287290_2015-03-12_00393.jpg
そして変異ニールへ。
EPISODE 3 クレア編の最後のボスです。
ウロボロスウィルスによるクリーチャーなので、レヴェナントのように核が存在し、そこを攻撃していけば倒せます。
火炎ビンを投げまくって左胸の核を露出させて、猛攻撃すれば簡単に倒せますね。

287290_2015-03-12_00452.jpg
無事倒してエレベーターに乗り込んで上がっていると、途中で止まってしまう。
仕方なく手動でエレベーターを開けると、そこからまだ生きていた変異ニールが襲ってきました。
ナイフで反撃しますが、クレア達諸共エレベーターから落ちます。

287290_2015-03-12_00474.jpg
クレアが変異ニールに襲われ絶体絶命の時、モイラは助けようと銃を見つけますが…。
脳裏に幼少期の頃の事故が浮かび、中々銃に手が伸ばせない。
ってか、ここでモイラが銃を持たない理由が判明するのですねぇ。
モイラが銃を暴発させて妹のポリーを怪我させてしまったのが理由らしい。

287290_2015-03-12_00483.jpg
しかし今は親友クレアの危機。
助けなければいけないという気持ちが心的外傷を克服し、振り絞って銃を取るとありったけの銃弾を変異ニールにくらわせます。
変異ニールは絶命し、クレアは無事助かりました。

287290_2015-03-12_00498.jpg
そしてその様子を監視モニターで観ていたアレックス。
そして実験台にはナタリアが。
”器”とはナタリアのことだったらしく、アレックスの実験は成功したらしい。
やがて訪れる変身へ…、と意味深長な事を言いますが、おそらくナタリアを使って自身に何かしたんだろうなぁ。
しかしバリー編では変わり果てた姿になっていましたが、真相はどうなのか凄い気になります。

Episode 3 「審判」 クレア編が終了。
今回は今までのEPISODEの中で一番仕掛けや探索場所が多かった気がします。
物語も終盤。
最終のEPISODE 4ではついにアレックスと対面するのでしょう。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 2 「観察」 バリー編

クレア編をクリアしたので、次はバリー編を遊びます。

287290_2015-03-06_00003.jpg
クレア達と出会った場所を教えてくれるナタリア。
バリー達もそこを目指して進んでいきます。

287290_2015-03-06_00019.jpg
道中でエドワード・トンプソンの死体を発見。
ニール、ペドロ、ゲーブと一緒に行動していたテラセイブの人ですね。

道中ではレヴェナントが多く出現します。
レヴェナントは苦手なのでホントに嫌になってくる。

287290_2015-03-06_00046.jpg
進んでいくと漁村に到着。
ナタリアがクリーチャーを察知したようですが、姿は見えず。
その正体はグラスプというクリーチャーで、体内から洩れ出るガスによって周辺の生物の視神経に異常を与え、相手からは視ることができないという特徴をもっています。
しかも一度捕まれば脊髄を折られて即死します。
ナタリアであれば感受能力でグラスプの位置を知ることが出来るので、それで確認して倒すのが一般的な戦い方なのかな。
私は無視してすぐに漁村を突破しましたけど。

287290_2015-03-06_00067.jpg
漁村を抜けて市街地を進んでいると、何者かが狙っているような場面が何度か。
オーバーシアか?

287290_2015-03-06_00141.jpg
どんどん進んでいくとペドロが出現。
クレア編の時より見た目が少し変化しているようです。
しかし行動や攻撃方法はクレア編と同じ。
身体中にある赤い目玉のようなものが弱点と思われるので、そこを狙っていきます。

287290_2015-03-06_00163.jpg
なんとか撃破。
クレア編と違って1対1の戦闘なので、戦うとしたらこちらのほうが楽ですね。
ドリルを入手し、赤い×印の壁を壊して建物から出ます。

287290_2015-03-06_00186.jpg
そしてようやく塔の入り口に到着。
半年前にクレア達も到着しているのですが、果たして無事なのか。

287290_2015-03-06_00192.jpg
内部は何かの教団ぽい雰囲気だったり、気味の悪い人形が沢山置かれていたり…。

287290_2015-03-06_00201.jpg
そして奥に祭壇?を発見。

287290_2015-03-06_00213.jpg
そこには一枚の写真があり、写っていたのはアルバート・ウェスカーと謎の女性。

287290_2015-03-06_00219.jpg
そしてナタリアもウェスカーの事を知っているらしい。
しかしそれはアルバート・ウェスカーの方ではなく、ナタリアが指した女性の方、アレックス・ウェスカーという人の事だった。

287290_2015-03-06_00231.jpg
そしてどこからか笑い声が響き、バリーは身構えるも、背後からの出現に不意打ちをくらってしまう。
そいつは顔中に管を繋がれており、マスクをしている、明らかに異常な人物。

287290_2015-03-06_00235.jpg
「…待っていた。
…この時を!
ナタリア…」

ってところで、Episode 2 「観察」 バリー編が終了。

たぶんコイツがアレックス・ウェスカーで、オーバーシアなんだろうなぁ。
ってか、今まで名前だけ登場していたウェスカー計画のアレックス・ウェスカーがついに登場するなんて、凄い気になるのですが。
しかしこんな姿になってしまって、一体何があったのか。

Episode 3の予告を観る感じ、クレア編はナタリア探し、バリー編は塔の調査ぽいですね。
EPISODE 3は3月11日から配信が始まります。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】Episode 2 「観察」 クレア編

BIOHAZARD REVELATIONS 2のEPISODE 2が3月4日から配信され始めました。
今回もクリア編とバリー編の2つあります。

287290_2015-03-05_00002.jpg
というわけで、Episode 2 「観察」 クレア編。
Episode 1からの引継ぎなので、難易度はNORMAL。

287290_2015-03-05_00004.jpg
3人の男性が森でアフリクテッド達に追われて逃げる場面から始まります。
名前は、左からニール・フィッシャー、ペドロ・フェルナンデス、ガブリエル・チャベス(ゲーブ)。
全員、テラセイブ所属です。
追われながら、「キジュジュに比べたら マシだぜ」と言うゲーブ。
B.S.A.A.の関係者なのかな?
ニールがアフリクテッド達を引き付けてくれている間に、ペドロとゲーブは先に逃げます。

287290_2015-03-05_00011.jpg
そしてペドロとゲーブは看板に「WOSSEK」と書かれた建物に到着。
どうやらここがヴォセクらしい。

287290_2015-03-05_00029.jpg
さらにクレア達も到着します。
お互いの状況を話していると、腕輪から発信。
「これから行うのは、劣等な者をふるい落とす実験。
その為に必要なウィルスは、あなたたち被験者に投与済み。」
と、オーバーシア。
何が目的なのだろう…。

287290_2015-03-05_00057.jpg
とりあえず漁村を探索します。
アフリクテッドやアイアンヘッド、ペドロ達がお互いに眼中になくて笑った。

287290_2015-03-05_00061.jpg
ヘリコプターを発見しますが、電圧が落ちている模様。
替えのバッテリーと燃料を見つける為、さらに漁村を探索します。

287290_2015-03-05_00076.jpg
ペドロが電気ドリルを発見したようで、これで赤い×印が目印の壁を破壊することが出来ます。

bio_rev2_map_002.jpg
ちなみに、これが漁村の地図で、バッテリーと燃料の位置はここ。

287290_2015-03-05_00099.jpg
無事にバッテリーと燃料を見つけ、ゲーブの所まで持っていきます。
ヘリコプターの修理はゲーブに任せます。

287290_2015-03-05_00101.jpg
そして、いきなりサイレンが鳴り始めました。
アフリクテッド達が集まってくるおそれがあるので、サイレンを止めにいきます。

287290_2015-03-05_00109.jpg
サイレンを止める機械はヴォセクの2階にあります。
レバーを下げてなんとかサイレンを止めることに成功。

287290_2015-03-05_00118.jpg
しかしアフリクテッド達がヴォセクに集まってきてしまい、乱戦状態になってしまいます。

287290_2015-03-05_00131.jpg
なんとか殲滅できましたが、この襲撃の恐怖にペドロの性格では耐えきれず、ついにペドロの腕輪のセンサーが赤に…!
震えだすペドロ。

287290_2015-03-05_00138.jpg
ついに発症してしまった。
発症ペドロは電気ドリルを使用して襲ってきます。
電気ドリルでの突進攻撃は当たると即死なので、かなり注意が必要。
必ず倒す必要はないのですが、ここで倒しておくとバリー編では出現しなくなる上に、序盤で電気ドリルが入手できるので攻略が楽になります。
しかし私は倒さない方法を選択。

287290_2015-03-05_00154.jpg
発症ペドロとアフリクテッド達から暫らく逃げていると、ニールが登場。
ヴォセクの屋根から梯子を下ろしてくれるので、急いで登ります。

287290_2015-03-05_00168.jpg
ゲーブを助けにいく暇はなく、ニールとクレア達だけで先に逃げ、なんとかアフリクテッド達を振り払うことに成功。

287290_2015-03-05_00196.jpg
そのまま地下通路を通り、市街地に到着。
腕輪の発信源と思われる禍々しい塔が見え、向かいます。

287290_2015-03-05_00217.jpg
途中でアフリクテッド達に襲われますが、ニールが囮役となって撒いてくれました。

しかしニール、腕輪のセンサーがずっと緑のままなのですが、どれだけ肝が据わっているんだよ。
それとも…。

287290_2015-03-05_00251.jpg
進んでいると、収容施設で見かけたナタリアを発見。
追いかけます。

287290_2015-03-05_00284.jpg
途中の建物内にある、一定時間で閉まる扉。
これは、モイラを扉の前で待機させ、クレアで扉を開き、すぐにモイラで画像のように障害物を嵌めれば通れます。
ここはバイオハザードらしい仕掛けだなぁと思いました。

287290_2015-03-05_00323.jpg
そしてナタリアに追いつきます。
クレアはナタリアに質問攻めしますが、心を開いてくれません。
そこでモイラが代わって落ち着いて接すると、心を開いてくれました。

しかしナタリア、腕輪のセンサーが赤なのですが何故発症しないのか。
この孤島で一人で逃げていたり、子供なのに腕輪を付けられていたり、今回の事件と深い関係がありそう。

3人で先を進んでいると、奥にアフリクテッド達を発見。
287290_2015-03-05_00352.jpg
ナタリアを下がらせ、倒しにいく為に進むと、天井を突き破って新クリーチャーのヴォルケンブラバーが出現しました。
こいつの攻撃方法は、左手の松明を利用して右手の壺?から火炎弾を飛ばしてくるというもの。
当たると状態異常「炎上」となり、持続ダメージが追加されます。
周りのアフリクテッド達も相手にしないといけないのですが、誘引ビンで一か所に集めてまとめて攻撃すると楽に対処できます。
なんとか倒し、ナタリアを呼んで建物から出ます。

287290_2015-03-05_00408.jpg
塔の目の前まで来たところで、ゲーブがヘリコプターに乗って登場。
どうやら漁村から無事に逃げれていた模様。

287290_2015-03-05_00424.jpg
これで孤島から脱出できると思いきや、これもオーバーシアにはお見通しで、ヘリコプターを故障させられて墜落してしまいました。
そしてこれに気を取られている隙に、何者かにナタリアが連れ去られてしまう。

287290_2015-03-05_00432.jpg
これでもうクレア達が脱出するには、塔に行く選択肢以外無くなってしまった。

ってところで、Episode 2 「観察」 クレア編が終了。
ボスらしいボスが出現したこともあり、Episode 1よりかは面白かった。
Episode 1ではよくわからないまま終わり、Episode 2で今作の謎が出始め、Episode 3、4で最終地の塔で解決されていく、って感じなのですかね。
しかし、今作の黒幕のオーバーシアの目的が分からないですなぁ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。