スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHF】新たな遷悠種としてナルガクルガが実装されました

4月27日に、新たな遷悠種としてナルガクルガが実装されました。
MHP2ndGで初登場したモンスターです。
遷悠種の初期から出る出る言われていてようやく実装された感じ。

mhf_20160516_201913_190.jpg
ナルガクルガ。
出現フィールドは密林と沼地、樹海です。

mhf_20160522_223042_377.jpg
ちなみにナルガクルガは他の遷悠種モンスターと違い、特定行動時に身体に新たな変化が起こります。
それは、怒り時に身体が蒼く変化し、眼から蒼い残光の演出が入る事。
他シリーズから移植されたモンスターに、特殊個体じゃなく通常個体で新規の見た目が実装されるのは珍しいですねぇ。
なんでも、今村運営ディレクターの考案だとか…。

以下、新たに追加された攻撃等。

mhf_20160516_200432_889.jpg
振り向き引っ掻き。
飛び掛かり等の後に、ハンターをチラッと見た直後に身体全体を使って刃翼で引っ掻きます。

mhf_20160522_220855_630.jpg
トゲ弾降らし。
尻尾を小さく振りながら威嚇する予備動作後、尻尾の棘を上空に打ち上げ、周囲に撒き散らします。
その後、確定で尻尾たたきつけを行ってきます。
多段判定の上、当たると毒状態にされるので注意。
予備動作も分かりやすいので、普通に立ち回っていれば当たらないとは思いますが。

mhf_20160522_222838_160.jpg
土煙からの急襲。
高速回転で土煙を起こして姿を隠した後、そこから飛び掛かりを行ってきます。
飛び掛かり前の予備動作が見えないので、瞬間を見極めないと避けるのは結構難しい。
慣れたら容易に避けれます。

以下、G級専用攻撃。

mhf_20160522_222431_130.jpg
飛び掛かり回転後、尻尾たたきつけを行ってきます。
飛び掛かり回転攻撃に当たると打ち上げられ、直後の尻尾たたきつけ攻撃で追撃してくる連携攻撃。
対策していない場合、当たると確実に力尽きるので注意。
予備動作も小さいのでかなり厄介ですねぇ。

mhf_20160522_221554_987.jpg
かまいたち。
横跳びを2回行う予備動作後、また2回瞬間移動を行い、その軌道上にかまいたちを発生させます。
瞬間移動に当たると膝崩れ状態となり、直後に多段判定のかまいたち攻撃で追撃してくる連携攻撃。
これも、対策していない場合、当たると確実に力尽きるので注意。

他にもいくつか新規攻撃がありますが、G級専用攻撃は即死を狙った攻撃ばかりですね。
でもフレーム回避できれば戦ってて楽しいモンスターなので、早く慣れたい所。

現在ゲーム内イベント「暗躍する黒き影!ナルガクルガ登場!」が開催中で、ナルガクルガの素材が集めやすくなっているので、この期間中に装備を作ってしまいましょう。

ちなみにナルガクルガの武器の性能はこちら、防具の性能はこちら
スポンサーサイト

【MHF】週刊ファミ通に『MHF-G』武器・防具デザインコンテスト2015」の最優秀作品が付いてきます

4月21日に発売された週刊ファミ通 2016年5月5日号。
DLC付録として、「『MHF-G』武器・防具デザインコンテスト2015」で武器部門の最優秀賞に選ばれたハセルヴォルIが付いてきます。
電子書籍版がBOOK☆WALKERで378円とお手頃価格だったので、数年ぶりに週刊ファミ通を購入してみました。
読むのを辞めた時期が2008年ぐらいで、久しぶりに最後まで読んでみたのですが、色々と変わってますねぇ。
昔のファミ通がどんなのだったかもうハッキリとは覚えていないのですが、感覚的になんか変わったなーていう印象。

mhf_20160522_202408_312.jpg
というわけで、特別イベントハウスでイベントコードを入力して入手した弓「ハセルヴォルI」と脚防具「ハセルヴォルフット」。
生産券で生産する方法ではなく、装備が直接装備BOXに送られるので、ちゃんと使用したいキャラクターで受け取るように気を付けましょう。

ハセルヴォルIとハセルヴォルフットを両方装備すると、ハンターがヴォルガノスに跨っているように見えるらしい。
でもちょっとハセルヴォルIのハンターの脚の部分が何か不自然な感じが…。
他の部位もちゃんと装備すればまともに見えるのですかね。

mhf_20160522_202657_381.jpg
実際にクエストで使用してみるとこんな感じ。
矢筒の部分がヴォルガノスになっています。
グァーグァーグークもですが、凄い発想力ですよねぇ。

mhf_20160522_202132_890.jpg
で、頭防具にヴォルアドミラルを、胴・腕防具にゼーレシリーズを装備してみました。
ヴォルガノスがヴォルガノスに跨っている感じで、凄い面白い見た目になりました。
ロビー装備は当分これになりそう。

入手期限は8月17日までなので、欲しい人はお早めに。
次号の週刊ファミ通 2016年5月12・19日合併号には、防具部門の最優秀賞に選ばれた「歌姫DIVAピアス」が付いてきます。

【MHF】逆境無頼カイジ 破戒録篇とコラボレーションされました

4月21日より、「逆境無頼カイジ 破戒録篇」とのコラボレーションが開始されました。
何故カイジなのか疑問ですが、とにかく、「逆境無頼カイジ 破戒録篇」とのコレボレーション装備やイベント等が実装されています。

コラボレーション装備は、「カイジコラボガチャ」サービスから購入したEカードをステップアップくじで使用して入手することができます。

とりあえずお試しでEカード12枚セットを900円で購入。
で、ステップアップくじ2回目でカイジ生産券10枚が当たりました。
100分の1の確率なので、かなり運が良かったのですかね。

mhf_20160522_203240_771.jpg
カイジシリーズ。
伊藤開司の姿を忠実に再現しています。
胴防具のカイジウエストは見た目は存在しませんが、お馴染みの「ざわ…ざわ…」という演出が付きます。
ちなみに男性ハンターは伊藤開司になりきれるカイジシリーズですが、女性ハンターは坂崎美心になりきれる美心シリーズとなっています。
性能はこちらで、部位によっては高性能なものも。

武器は大剣「電流鉄骨」と、双剣「限定ジャン剣」の2種類あります。

mhf_20160425_214322_358.jpg
そしてキャンペーンの1つで、メゼポルタ広場に鉄骨が登場しています。
実際に渡ることができ、お馴染みの鉄骨渡りが体験できます。
途中で落下した時と、渡りきった時でそれぞれ演出があるので、是非挑戦してみましょう。

mhf_20160421_211741_700.jpg
さらにキャンペーンの1つで、「限定ジャンケン」を遊ぶことができます。
ラスタ酒場に伊藤開司が現れていて、話しかけることでイベントが始まります。
イベントの簡単な流れとしては、伊藤開司に話しかけてアイテム「10000ペリカ」を貰い、それを消費してイベントクエストをクリアして「星」を入手。
そして、この星を他のプレイヤーと掛けあって限定ジャンケンをしていくという感じ。

カイジを知っている人なら限定ジャンケンが何なのかは分かっていると思いますが、簡単に説明すると、お互いにグー、チョキ、パーが描かれたカードを使って、星を掛けてジャンケンをし、勝った側は負けた側から星を受け取り、最終的に全てのカードを使い切った時点で星が3つ以上あれば勝利という感じ。

mhf_20160424_180402_819.jpg
ちなみにイベントクエストでは伊藤開司が同行しますが、台詞も特別なものに変わっています。

mhf_20160424_182608_973.jpg
イベントクエストをクリアして伊藤開司から星を3つもらうと、限定ジャンケン開始。
同じように星をもらったプレイヤー達と星を掛けて限定ジャンケンをします。
真面目に勝負するのもいいですが、原作っぽく、相手プレイヤーと話し合って全てあいこになるように勝負すればお互い確実に勝利できます。
ただし、同じく原作っぽく相手に裏切られる事もありえなくはないので注意。
裏切っても今回の限定ジャンケンではあまり得はないですけど。
ちなみに私はもう1つアカウントをもっているので、それを利用して限定ジャンケンに勝利しました。

全てのカードを使い切った時点で星が3つ以上あれば限定ジャンケンに勝利、つまりイベントクリアということで、報酬としてアクション「土下座」、「ジタバタ」が使用可能になります。

mhf_20160425_215915_038.jpg
アクション「土下座」。
チャットで「<act49>」と発言すれば使用できます。

mhf_20160425_220123_145.jpg
アクション「ジタバタ」。
チャットで「<act50>」と発言すれば使用できます。

どれも原作で使われたアクションなので、猟団での交流等、色々な場面で使えますね。

ちなみに全てのカードを使い切る前に星が無くなった場合、つまり限定ジャンケンに敗北した場合は、マイハウスに連れていかれて、装備している防具が装備BOXに戻されます。
身ぐるみを剥がされて自宅に帰らされたという演出なんでしょうね。
再挑戦する場合は、また伊藤開司に話しかけて10000ペリカを貰う場面からやり直しとなります。

「逆境無頼カイジ 破戒録篇」とのコラボレーションは2017年3月29日までなので、装備が欲しい人は忘れずに。

【BIOHAZARD REVELATIONS 2】第13次 巨大クリーチャー襲来

RESIDENT EVIL.NETによるBIOHAZARD REVELATIONS 2のオンラインイベント「第13次 巨大クリーチャー襲来」が、4月1日から開催され始めました。
RAID MODE内のイベントミッション→巨大クリーチャー襲来を選択すると始める事が出来ます。

287290_20160402212126_1.jpg
今回はグラスプが2体。
名前はAello(アエロー)とOcypete(オーキュペテー)。
それぞれギリシア神話に登場する人物が由来となっているっぽい。

287290_20160403192814_1.jpg
グラスプはt-Phobosによって島内に自然発生したクリーチャーで、かなり気持ち悪い見た目。
背面から見ると元は女性だったのかと分かります。

グラスプの体内からは、相手の視神経に異常を与えて自身を直視させない作用のあるガスを洩れ出させており、これにより獲物に気付かれる事なく接近します。
そして捕らえた獲物の脊髄を自慢の脚力で容易くへし折り、即死させるという恐ろしさ。

グラスプに捕まると即死確定なので結構厄介なクリーチャーでした。
ただ、煙幕ビンやナタリアセンス、グラスプのガスの効果でこちらの視界が歪んだり等で、なんとなくそこにグラスプがいるのかな?程度は分かるので、慣れれば対処は余裕です。

287290_20160402213737_1.jpg
体力はそれぞれ15億。
弱点部位は無いのでどこを狙っても同じダメージ量です。


287290_20160324215148_1.jpg
ちなみに「第12次 巨大クリーチャー襲来」では、アフリクテッドはすぐに倒されましたが、オルトロスは開催期間ギリギリの24日まで生き延びていました。
もしクリーチャーが開催終了までに倒されずにいたら、上陸間際まで近づく事になるのかなと疑問に思っていましたが…、意外と近づいてこないのですね。

【MHF】オディバトラスのG級個体とその特異個体が実装されました

3月30日に、G級 オディバトラス及びG級特異個体 オディバトラスが実装されました。

mhf_20160412_215600_262.jpg
通常個体と比べて、角や棘が変色していたり、巨大化していたり。
オディバトラス実装時からハードコアモードとして戦えていましたが、それは当時の環境の仕様によるもので、行動自体は通常個体と同じだったので、今回で完全な特異個体として実装されました。
HC素材はHR帯・GR帯共に実装されていますが、特異個体はG級版だけです。
なのでHR帯はハードコアモードならば、通常個体からHC素材が剥ぎ取れることになります。

mhf_20160412_221042_900.jpg
特異個体で追加された攻撃。
前脚を踏み鳴らして地ならしを起こしながら、岩を飛ばしてくる攻撃。
両方の攻撃に判定があるので注意。

mhf_20160412_220929_155.jpg
G級で追加された攻撃は2つ。
1つは、後方に飛びながら背中の巨砲から目の前のハンター目掛けて岩を発射。
その後、前方に大量の砂山が作られ、そこへオディバトラスが砂波を起こして追撃、といった攻撃。
攻撃前に後退する予備動作が入るので、対処はし易いはず。

mhf_20160412_215223_840.jpg
もう1つは、半身潜って砂爆発を4連続行う攻撃。
威力が凄く高いですが、溜めながら潜る予備動作をするので、対処はし易いはず。
この攻撃後に長い隙ができるので、なるべくフレーム回避でかわして攻撃機会にしたい所。

4月13日までゲーム内イベント「激震!弩岩竜」が開催されています。
G級 オディバトラスの素材集めに最適なので、なるべくこの機会に集めておきたいです。

G級 オディバトラスの武具や装飾品の性能はこちらのお知らせで公開されています。
装飾品とか結構優秀っぽい感じがしますが。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。